スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きむらや

写真はクリックするとチョット拡大します。ぜひ拡大してご覧ください。

昨日に引き続き、XZ-10のご紹介。
まず第一に一番の難点を。
フラッシュが自動ポップアップ式なのですが、
P,A,S,M各モードで、一度発光禁止モードに設定すれば、
モードを変えても、勝手にポップアップすることはありません。

しかし、iAUTOモードは一度発光禁止に設定しても、
他のモードに変えて、またiAUTOモードにすると、またポップアップしてしまいます。
iAUTOモードだけは、なぜか発光禁止の設定を記憶してくれないんです。
ちょっとうざったい(>_<)

ただ唯一の救いは、
ポップアップしたフラッシュを指でチョンと押すとストンと引っ込んでくれて、
しかもそれだけで、設定も発光禁止に設定されるのです。
(マニュアルにも書いてあります)

まあ、一番の難点といってもそのくらいです(^^)

次に昨日もちょっと書いた、フォトストーリー。
P1010007_R.jpg
このようにフォーマットが画面に現れます。
今、右上を撮影し終わったところで、左側が撮影準備中。
空白のところをタッチすると、その場所の撮影が出来ます。

右下の空白のところをタッチすると、
P1010008_R.jpg
右下が撮影準備中になります。
撮影準備中のところをタッチ、あるいはシャッターボタンを押すと、撮影されます。

P1010009_R.jpg
そうして(この場合)3枚の写真を撮影すると、出来上がり。
センスが問われるのは言うまでもありませんね。

それから、ここでこのカメラの特別なところを一つ。

ほとんどのタッチ式のカメラは静電容量式だと思いますが、
このカメラは、感圧式です。

静電容量式のように触れるか触れないか位では反応しませんが、
それほど強く押す必要もありません。

なにより、爪の先で操作出来るので、自分的にはかえって便利に感じました。
爪を伸ばしている女性にも便利なんじゃないでしょうか。

では、実写編。
P2250034_R.jpg
若松市内の「きむらや」さん。
まあ、今時どれで撮っても変わらないですね。

P2250028_R.jpg
店内の様子。
HDR機能を使ってみました。

P2250029_R.jpg

P2250030_R.jpg
メニュー。
シーンモードの「文書」で撮影。

P2250033_R.jpg
ラーメン+ミニチャーハン(^^)

ラーメンもカメラも満足です(^o^)


ちなみに、ニャンコを撮ったらこんな感じ(^^)
P2250035_R.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゅうじ

Author:きゅうじ
デジイチ初心者です。

当ブログはリンクフリーです。

FC2カウンター
ツイッター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。