スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天の川

写真はクリックするとチョット拡大します。ぜひ拡大してご覧ください。

ちょっと前に「詳しくは、いずれまた」 って記事で紹介した、
ビクセンというメーカーの星空雲台ポラリエ。

こちらはその名の通り星空を撮影するための道具です。
P6011674_R.jpg
三脚→雲台→ポラリエ(赤道儀)→雲台→カメラの順番でセッティングします。
詳しい機能についてはググって貰うとして、実際に使用してみましょう。

赤道儀を使わずカメラを三脚に固定して星空を撮影すると、
P6025665_R.jpg
こんな風に星がぶれてしまいます。
ちなみにこの写真はシャッター速度5分位ですが、
それでもこんなに星は動いてしまいます。

でも、ポラリエ(赤道儀)を使用すると、
P6025664_R.jpg
星の動きに合わせてカメラを動かしてくれるので、
星を点で写すことが出来ます。
ただし仕方ありませんが、地上の景色はぶれてしまいます。

実はここまで、撮れる様になるまで、ずいぶん掛かりました。
シャッター速度、絞り、ISO感度、様々な組み合わせを試して、
何とかここまで来ました。

しかもシャッター速度が5分位なので、長秒時ノイズリダクションを含め、
1枚撮るのに10分位かかり、1時間に5枚も撮れれば良い方です。

P6025667_R.jpg
天の川を撮れただけで、とりあえずは目標達成(^^)

P6035668_R.jpg
帰り道、猪苗代湖の長浜にて。
道路の近くなので、車のライトで明るくなってしまいます。
それでも天の川は何とか写ってますね。

とりあえず今日は写すことが目的でしたが、
この次はもう少し勉強して、いい感じの写真を撮れるよう頑張ります。
スポンサーサイト

テーマ : 星景・星野
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

http://est61.blog60.fc2.com/

レポ挙げ乙でしたヾ(^▽^* なるほど、ちゃんと星々が静止していますね! あの価格でこんな事が出来ちゃうんですねw( ̄▽ ̄;)w

無芸大食さん

極軸合わせさえしっかりしておけば、意外に簡単に撮れたのでちょっと驚きました。
もうちょっとしっかりした自由雲台を購入予定♪

ポラリエ

コンパクトでなかなか魅力的な商品ですね。
極軸合わせには別途、天体望遠鏡も必要なのでしょうか?

遠い昔、友人が浄土平から撮影したオリオン座の写真を見て天体写真に魅せられました。

sachsさん

天体望遠鏡を使うことは有りません。
方位を真北に向けて、角度を福島県なら37度位に合わせ、
本体に開いている穴から北極星が見えるように調整すればOKです。
北極星が見えなくても、方位と角度をあわせるだけで、結構星は止まってくれます。
広角レンズでの撮影なら、結構アバウトでもソコソコ星は止まってくれます。
方位磁石も角度を測るものも本体に付いてます。

もっと敷居の高い撮影方法だと思っていましたが、意外に簡単に始められました。
もちろん奥は深そうですけど(^^)
プロフィール

きゅうじ

Author:きゅうじ
デジイチ初心者です。

当ブログはリンクフリーです。

FC2カウンター
ツイッター
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。